2017年8月 9日 (水)

雑誌の付録

雑誌の付録のコマーシャルが気になった。「わずか20分で完璧なテレスコープ」どうやらCo-Crの金属の紹介
のようだ。鋳造温度は1400°C程度だが鋳型の温度は700〜800°Cで良いようだ。生体親和性も問題ないと
云う。メタルセラミックス用の金属でもあるらしい。はてどんなものか?

Img009

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月10日 (土)

雨の季節

梅雨に入ったと思ったら、いきなり梅雨の晴れ間です。しかしアジサイは季節感をしっかり表現。

Dsc_0201

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月13日 (土)

まだ使える

いつまで使ってるのと言われそうだが、WipMixの真空練和器の練和器(バキュスパッド)の真空の引きが

悪くなった。原因は練和器のOリングがへたって役に立たなくなったようだ。この大きなサイズのOリング

はホームセンターでは手に入らなく同じサイズのOリングをネットで検索調達して交換した。見事復活した。

このOリングは中国から発送されたもので届くまでにちょっと時間がかかったが、中国からの輸入が身近

になってるように思われる。

Dsc_0266

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月13日 (木)

iPhoneが作れる!?

深圳に出かけてパーツを寄せ集めてiPhoneを作っちゃう人がいた。!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 7日 (金)

歯間ブラシ他

100円ショップ、意外なものがある。調理に使える便利グッズだったり、スマホ用のグッズだったり。

今回は歯間ブラシと糸ようじを購入してきました。まあまあ使えそうです。

Rimg0082

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月14日 (火)

IDS 2017

雑誌の付録にIDS2017の案内が入って来た。11のホールで展示されてるようだ。大きなブースから小さなブースまで、

CAD・CAMは勿論だろうが小さなブースではそれ以外も多数有りそうだ。また行きたくなってくる。

Img005


Img007

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 2日 (木)

義歯の追加変更

久しぶりの更新です。去年の8/13のブログ、その後があって設計が大幅に追加変更された、従来のものはその
ままで前歯部にメタルセラミックを作り直して維持装置を付け反対側に金属床を伸ばして一体化する変更が
行なわれた。Co-Crであるが鑞付け(Co-Cr鑞材)で対処した。左上の7の咬合面は全体的に若干バイトを上げた
関係で咬合面全体をレストとして鑞付け追加してある。レーザー溶接がなくてもこの程度の事はできる。前回の
ブログは左上の一部分のみ特にレジン歯の摩耗に焦点を当てたが全体的にはこのような変更が行われていた。

Dsc_0160

Dsc_0161

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月16日 (月)

マダガスカルの動画を見つけました

たまには、こんなのいかがでしょう。360°画面を動かせます。画面をクリックすると動き出します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月25日 (日)

クリスマスに思う

クリスマス・・・キリストの聖誕祭すなわちキリストの産まれた事を祝う日ということ、日本にキリスト教徒はどのくらいい
るのか?  殆どは無宗教で結婚式をキリスト教会で上げる人もいるが、12月25日に教会に行ってミサに参加する人
はそう多くはないだろう。なのにラジオはクリスマスソング一色で、さも日本人全員がキリスト教徒のような放送ばかり。
一般的にはクリスマス商戦とかいってバレンタインや訳の分からない仮装パレードのハロウィンと同様な商機としか
とらえていないのだろう。この時期になるといつもメリークリスマスとかいって駄文が送られてくる。もうとうに分別の
わかるはずの無宗教の60歳すぎたオヤジが送ってくる、シーズンズグリーティングならまだ良いがメリークリスマス
なのである。

一言、いいたい「わしゃクリスチャンではないわい!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月27日 (日)

硬質レジン(光重合)

最近の硬質レジンはだいぶ良くなっているようだ。4年経過で歯根破折で戻って来たケースであるが、
光沢はそれほど落ちていない摩耗は少し進展しているようであるが昔のようにリテンションビーズが出
て、見るも無惨な状況にはなっていない。このケースはSinfonyで作成したものである。これ以前の
別の硬質レジンで作成したケースはよく艶が消失してクレームをもらっていた。
このケースは歯科医がセラミックスと勘違いする程であった。危うく支台を撤去する為に加熱する所であった。
中の金属支台は結局削り取る事にした。現在はさらに進化しているであろうと思われる材料を使用しているが・・

Dsc_0200

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«多分1日居ても飽きないお店