2018年11月13日 (火)

ジウジアーロ(ジュジャーロ)の工房

昨日のイラリア語の講座はトリノの自動車産業を使っての講座でした。中でも良かったのは日本でも有名な

ジウジアーロの工房の紹介で昔の車のデザインから現在製作中のデザインまで夜中の番組だったがしっか

り起きてしまった。

20181113_194606

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月25日 (木)

日々是好日

昨日、久しぶりに映画を見に行ってきました。入場券も駅の券売機と同じようになっていて戸惑いました。

20:45分からの最終回でしたが、がらがらでこれで経営成り立つのか?と思う程でした。複合館で複数の

タイトルの映画が掛かってるのですが他の映画も混んでる雰囲気はなく、他人ごとながら心配になります。

茶道について若干でも知識が無いと面白くないかもしれませんね。ネットの予告編の中に水指しを持って

ひっくり返るシーンが有るのですがこれは単なる釣りで本編には含まれてなかったです。映画館の音がキ

ンキンとした大きな音で慣れないときついです。

20181025_221847

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 3日 (火)

これは何だ?

das Dental Labor 6月号に載っていたコマーシャル、これは何だ?どうもプレス後炉から出

して後、加圧を続けながら急冷する装置のようだ。プレスをする場合マージンを厚くして掘

り出し後反応層を削除した際マージン不足にならないように気をつけるが、薄いマージンで

もなめられたり反応層を取ったら短くなったというような事がないように埋没材との反応を

抑えるように急冷するのが目的のようだ。本当に効果があるのだろうか。

Img031

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月24日 (日)

Paul McCartney Carpool Karaoke

スーパースターといえども特別な存在ではなく社会に馴染んでいて良いなと思わせる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 8日 (金)

緩くなったコーヌス

コーヌスの内外冠の適合には苦労する。きつ過ぎたり、緩くなってしまったり。ラボ段階ではなるべく適合

はちょっときついくらいで維持力の調整は余りしないでも良い程度まで落としておくがきついので緩く調整

すると口腔内での調整で限度以上に緩くしてしまう事が有る。一度緩くしてしまうときつくは出来ないの

で要注意であるが。セット後時間の経過とともに緩くなってしまうこともある。そんな時に外冠の内面側壁

に簡易艶出し剤のナノコートクリアーを塗布接着させると有効と思われる。10ミクロン程度の一層だから

といって簡単には硬化しない。ラボの重合器では5分とある。アルミナで接着させる部位の表面を荒らし

メタルリンクで処理しナノコートクリアーを一部に塗布重合させる(側壁全体に塗布するととんでもない事

になるのでお気を付けを)。表面がつるつるに硬化すれば簡単には剥がれない。

何となく買ってしまった艶出し剤やっと使い道ができた。

Dsc_0432

ちょっと大きめに作って維持力が無い状態

Dsc_0434

内面の一部にナノコートクリアーを塗布、硬化させるとつるつるになりナイフで擦っても剥がれない。

Dsc_0436

約4°でこの程度浮き上がる(約0.3㎜)維持力も発現。塗る面積も考慮して調整すべき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月31日 (木)

ファーネス修理

ファーネスの修理2回目,今回も重いファーネスを移動して裏ブタを開けて裏側の銅板の酸化膜を

削り取り、前面のメインスイッチの交換をした。理由はファーネスの挙動がおかしいのでこの辺が

具合悪くなってるのではと一つずつチェックと云う事である。メインスイッチは開けてみてびっくり

接点で発熱していて燃える一歩手前と云う状態であった。200Vのパワーは恐ろしい。

Rimg0103

Rimg0108

端子のプラスチックカバーが燃えている。

Rimg0115

右:旧スイッチ  左:英、アーコ社ロッカースイッチ サイズは違うがなんとかなるだろうと購入

16A250V 製造はチュニジアとある

Rimg0117

よくこんな状態で動いていたとびっくり!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月21日 (水)

2023年の歯科技工

2月号のdas dental labor、最近歯科技工雑誌はほとんど読まないがこの雑誌だけは一応目を通す。

今月号で目を引いたのは、"歯科技工2023"と言うタイトル、はて5年後はどうなってるか?ドイツ

の状況が即日本に伝播するかは分らないが、またそれまで仕事をやってるかも”?”で有る。

この稿はちょっと訳してみようか ・・・・

Zahnetechnik_20231

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月24日 (日)

CAD・CAM

Img038_3 ドイツの歯科技工雑誌の
11月号はブリッジをジ
ルコニアのディスクか
ら削り出している状態
をUFOの宇宙船に見
立ててCAD・CAMの襲
来というような表紙
(Amann Girbach)でした。
実際CAD.CAMはそれなりに
普及してるようだ。パ
ソコンとスキャナーし
か置いてない技工室
の写真も有るが、歯科
技工はデザイン事務所
ではないのでそれだけ
ではすまない。色調調
整や最終的には内面や
マージンの調整、研磨
作業、ホコリの出るミリ
ング専用の作業室もいる
し、プリンターにより
作成したパターンを埋
没したり、鋳造したり。
研磨調整する作業室も必
要になる。別のページ
にはやはり技工士はパ
ソコンばかりいじって
ないで実際の排列もせ
よというようなページ
も有る。最近、技能の
継承がなされていない
等一般産業界でも言わ
れて来ているがデジタルで全てかたずくわけではなく、技能は長期間たゆまなく修練していかなく
てはならない。

Img037

歯科技工はスキャナーとパソコンだけではすまない。

Img036

ガーバー法の排列

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月29日 (水)

ボケ

西日の当たる場所に木瓜を植えたら春でもないのに咲き始めた。どうも季節感ボケてるようだ。今年もあっと

いう間に一年が過ぎていく。私のCPUもだいぶくたびれてスピードが遅くなって時間の経過に追いつかなくな

って来たのかもしれない。

Img_0499_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月15日 (水)

旧義歯の再利用

Co-Crで義歯を作成装着後長期間経過し口腔内が変化し、だんだん適合が悪くなりリベースを何回か繰り返す。

そろそろ新義歯の再制作と思われるが旧来の義歯に執着し何とかならないかと云う事で金属を切断し維持装置

と連結子をバラバラにして再利用となる。体裁が良いかどうかは別問題である。口腔内に無理矢理押し込んで

咬座印象をしたものが上(模型作製後レジン床、人工歯を外し金属部分をカットして適合調整)で、 義歯無し

て印象したものに各部を合わせたものが下(かなり位置関係が変わっている)である。下の模型で再制作を

した。これで義歯の不調がいくらかでも解消されるだろう。

Dsc_0374

Dsc_0382

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«流し込みレジンの小さな気泡