« 2018年2月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月31日 (木)

ファーネス修理

ファーネスの修理2回目,今回も重いファーネスを移動して裏ブタを開けて裏側の銅板の酸化膜を

削り取り、前面のメインスイッチの交換をした。理由はファーネスの挙動がおかしいのでこの辺が

具合悪くなってるのではと一つずつチェックと云う事である。メインスイッチは開けてみてびっくり

接点で発熱していて燃える一歩手前と云う状態であった。200Vのパワーは恐ろしい。

Rimg0103

Rimg0108

端子のプラスチックカバーが燃えている。

Rimg0115

右:旧スイッチ  左:英、アーコ社ロッカースイッチ サイズは違うがなんとかなるだろうと購入

16A250V 製造はチュニジアとある

Rimg0117

よくこんな状態で動いていたとびっくり!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年6月 »