« ファーネス修理 | トップページ | Paul McCartney Carpool Karaoke »

2018年6月 8日 (金)

緩くなったコーヌス

コーヌスの内外冠の適合には苦労する。きつ過ぎたり、緩くなってしまったり。ラボ段階ではなるべく適合

はちょっときついくらいで維持力の調整は余りしないでも良い程度まで落としておくがきついので緩く調整

すると口腔内での調整で限度以上に緩くしてしまう事が有る。一度緩くしてしまうときつくは出来ないの

で要注意であるが。セット後時間の経過とともに緩くなってしまうこともある。そんな時に外冠の内面側壁

に簡易艶出し剤のナノコートクリアーを塗布接着させると有効と思われる。10ミクロン程度の一層だから

といって簡単には硬化しない。ラボの重合器では5分とある。アルミナで接着させる部位の表面を荒らし

メタルリンクで処理しナノコートクリアーを一部に塗布重合させる(側壁全体に塗布するととんでもない事

になるのでお気を付けを)。表面がつるつるに硬化すれば簡単には剥がれない。

何となく買ってしまった艶出し剤やっと使い道ができた。

Dsc_0432

ちょっと大きめに作って維持力が無い状態

Dsc_0434

内面の一部にナノコートクリアーを塗布、硬化させるとつるつるになりナイフで擦っても剥がれない。

Dsc_0436

約4°でこの程度浮き上がる(約0.3㎜)維持力も発現。塗る面積も考慮して調整すべき

|

« ファーネス修理 | トップページ | Paul McCartney Carpool Karaoke »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145943/66808108

この記事へのトラックバック一覧です: 緩くなったコーヌス:

« ファーネス修理 | トップページ | Paul McCartney Carpool Karaoke »