2012年4月19日 (木)

余り長く座ってるのは良くない!!

ある番組ででこんな事言っていた、「1日11時間以上座っている人は、4時間以下の人に比較して、向
こう三年間で死亡するリスクが40%高い!」
Archives of Internal Medicine
2012 Mar 26
Sitting time and all-cause mortality risk in 222 497 Australian adults.
によると
オーストラリア人45歳以上の222497名を対象として、“座っている時間と総死亡率リスクの関
連性”が調査された。この調査は、Cardiovascular Research Networkからの委託により、オーストラリア
University of Sydney's School of Public Health.のDr Hidde van der Ploegが実施したもので、NSW
Division of the National Heart Foundationがサポートしている。
だという。

世界保健機構WHOが2010年に発行した “Global Recommendations on Physical Activity
for Health(健康のための身体活動に関する勧告)
というのもある
その中に
推奨身体活動量の解説と正当性
 
  よくデザインされた大規模研究に基づく強力な科学的エビデンスによると、活動的な人は 不活動の人
と比べると、健康関連の体力の値を高く示し、多くの障害をもたらす疾患の発 症リスクが低く保たれ、
また、さまざまな慢性的非伝染病を発症する割合が低いことが示 されている。
 
  週あたり 150 分の身体活動量を達成するためにはさまざまな方法があり、身体活動量の蓄 積という
概念によって、週 150 分の身体活動目標は、1 セッション最低 10 分という短い時 間の身体活動を 1
週間通して何度か行い、費やした時間を合計することで達成される。た とえば、30 分の中強度身体活
動を週 5 回行うことで、週 150 分という目標が達成される。

あまり長時間技工机に座って仕事をせず、せっせと歩き回らなければ・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 7日 (月)

花粉の季節

今年は花粉の飛散量が多いらしい。花粉症ではないと思っているが、くしゃみは結構出る。今まで花粉症で
はなくても突然発症すると言う。先日TV番組でレンコンから作った薬が結構効くという話があり、それで
はレンコンを食おうと八百屋に出かけた。八百屋のおばさんに「レンコンて良いんだね」と聞いたら花粉症
はよく知らないが昔から風邪をひいたらレンコンの汁を飲んで直してるよ。こんなの普通だよと言われた。
ヘーそんなもんかと昔買った本に出てるかな?と調べたらなるほど出ている。年寄りの知恵は大事に伝えて
いかなければもったいない・・・・。さっそくレンコンを皮を剥かずに食べている。くしゃみが少なくなっ
た気がする。

Rimg01291


Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月24日 (木)

気になるニュース:ある血圧の薬と癌のリスク

先日、ウォールストリートジャーナル(WSJ)を見ていてある記事が気になった
ある血圧降下剤は癌発生のリスクが高くなるという記事であるコントロール群に比べてこの薬を飲んで
いる方が癌になる可能性が数パーセント高くなるという。実は私も高血圧症でこの薬を飲んでいる。気
になるので掛り付けの医師にこの記事を持っていって聞いてみた。専門家から見ると、洋の東西をを問
わず新聞の記事はあまり当てにならないのは、どこでも同じことかもしれないと思いながらであるが。
内科の先生曰く、原文を精査しないと本当のところは分からないですねという返事である、当たり前だ
が・・・・・。研究論文が正鵠を得ていると認知されるようになるまでには時間がかかる、問題無いこ
とを望みながら、取り敢えず野菜類を沢山摂取するようにしなければ。
アメリカのあっちこっちのニュースで取り上げているのでかなり注目の記事かも?

Some Blood-Pressure Drugs Tied to Cancer Risk
http://online.wsj.com/article/SB10001424052748704324304575306383685174398.html

原文 サマリー
Angiotensin-receptor blockade and risk of cancer: meta-analysis of randomised controlled trials
http://www.thelancet.com/journals/lanonc/article/PIIS1470-2045(10)70106-6/fulltext

US researchers find increased risk of cancer with commonly-used antihypertensive drugs, notably telmisartan, but Boehringer defends its Micardis
http://www.thepharmaletter.com/file/95811/us-researchers-find-increased-risk-of-cancer-with-commonly-used-antihypertensive-drugs-notably-telmisartan-but-boehringer-defends-its-micardis.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 4日 (火)

歯の再生

今朝の日経ネット版を見ていて歯の再生のニュースが気になった。これを読む限り単なる移植ではない
か?どこが新しい技術だと思ったのですが、他の新聞も見てみると微妙にニュアンスが違う。どうも記
事を書いた人により理解度が違うような気がした。さらにネット検索
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 辻教授らは、マウスの胎児から、歯のもとになる「上皮細胞」と「間葉細胞」をそれぞれ4万〜5万
個取り出し、コラーゲンの培地で一緒に培養して歯の種となる「再生歯胚(しはい)」(直径約0・5ミ
リ・メートル)を作った。

 この再生歯胚を、大人のマウスの抜歯した跡へ移植したところ、37日後には歯が生え始め、50日
後には隣の歯とほぼ同じ高さにまで成長した。

 歯の中心部には、血管や神経もできていた。歯に刺激を与えると、痛みを感じていることを示す物質
も脳内に作られ、普通と変わらないほぼ完全な歯が再生されたことが確認された。 ・・・・・とある

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

人によっては臓器再生と移植医療に関連づけたり、毛髪の再生を考えたりといろいろである。
何かちょっと違うかもと論文を直接検索してみた
http://www.pnas.org/content/early/2009/07/31/0902944106.full.pdf+htmlに論文
を見つけましたが勿論、門外漢の私にはよくわかりませんが、臓器が再生できると人間は死ななくなるか
も・・・・・・・(アリエナーイ!!)(笑い)

追記: 歯界展望 Vol.115 No.1 2010-1 p9~p16に記載されました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 7日 (日)

糖尿病と歯周病

今日6月7日のETV18:00-19:00の日曜フォーラム、医師、歯科医師、などによるディスカッションで
した日曜にこんな硬い番組を見る人はいないでしょうが。結構良い事やってるなと感心しました。アメリ
カの医師や歯科医師が日本食をもっと見直せとか口腔内の清掃にもっと気を使えとか、口腔内を綺麗にす
る事が健康に繋がるとかそんな事やってました。皆さんにもバラエティばかりでなくこういったものも、
ぜひ見てもらいたいものだと思った次第です。最近ETVが結構おもしろいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月12日 (水)

お薦めの一冊

当ブログを訪れてくれる人に、2タイプある。my-pixy.com経由で定期的にいらっしゃる方、Google検
索で特定のキーワードからいらっしゃる方と2タイプである。Google検索でヒットするキーワードに自
転車、サドル、前立腺が用いられることがある。『自転車は健康的?』を訪れるひとが結構いる。
結構関心事ではあるようだ。そこで、余計なお節介ではあるが、この一冊をお薦めする。泌尿器科医師
が書いたもので深刻な内容だが、笑ってしまう。平成9年の書籍なので現在と治療法は異なる所がある
とは思うが、特に「まな板の鯉」になったことのある身には特別である。男性なら、60歳を過ぎると
50%以上が。80歳までに日本人男性の80%が前立腺肥大症になるとも言われる。今は関係ないと言っ
ているあなた、若い時頑張った人も頑張らなかった人も、男性なら、いつなるか分かりませんですぞ・
・・・・・・。

Dsc_04701

書名:ドキュメント 前立腺肥大症
  泌尿器科の名医が「ついにワシもなったか」
著者:入澤 俊氏     出版社: 法研

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 3日 (土)

自転車は健康的?

Img_0505 Img_0509サドルを変えてみました 自転車は健康的な乗り物(交通手段)だということで通勤に使ったり、サイクリングとして運動やレジャーに用いられていますが本当に健康的なものだろうか? どうもそうでもないような気がする。古い自転車が駄目になったので新しい自転車を購入しました。中国製で安かったのですが、どうもサドルの座りごこちが悪く、古い自転車のサドルを外して付け替えて使ってました。ここの所、前立腺の調子が悪く、PSA値が高く前立腺がんの生検を受けました、術後一週間自転車禁止と言われひょっとしたら前立腺と自転車関係あるかもと思い、ネットで調べましたら自転車競技をする人に前立腺に問題を抱えた人が多いとか、自転車で病院に出かけたときにPSA値を計ると高くでるとかいうことがわかってきました。 そこで、サドルを取り替えることにしました。取り替えてわかったのは、サドルのスプリングがないと振動がもろに頭頂までひびくということ(これは体に悪そう)、ちょっとしたサドルの角度で体重のかかり方が変わって乗り心地や体調まで影響を及ぼすということが分かりました、非常に微妙!!!!前立腺に圧が加わらないように穴空きのサドルでも体重がピンポイントでかかり、鼠径部の血管を圧迫してかえって血流が悪くなる事もあるという。あまり長時間乗らないほうが良いようだ。尿閉の原因になることもあるらしい要注意!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月22日 (木)

視力は大丈夫ですか?

視力は大丈夫ですか?若いうちは大きな問題はないですが、だんだん問題が出てきます。 Dental labor1月号に出てたのですが白内障や加齢黄斑変性症について書いてありました。最近の国内の新聞にもよく出ていますが(1ページ全面を使ったサプリのコマーシャルですが)、片目で左図の中心の点を見て下図のように見えたら要注意です。左図はアムスラーグリッドと言われてますが、4センチ程度の方眼でチェックすると良いです、私はちょっと危ないです。私の場合左目が下図左側の図の傾向が若干ある。ルテインとビタミンCでなんとか・・・・です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)