2006年12月26日 (火)

デジカメによるshade takeは使えるか?

図1、模型と一緒に送られてきた写真、この写真からA1より彩度が高いと判断し製作

図2、口腔内に試適したところ、Dr.の選択したA1の方がより近いということで再製
図3、shadeA3が選択されているが、写真が過露出気味なのでそれを勘案してA3.5くらいで透明感が強いと判断して作成 図4、左図の試適時写真合っているようにも見えるが彩度が低くこの時採ったshadeがVita3Dの5M2であった
カメラ、ストロボ、露出、撮影者が異なるので何とも評価のしようがないが、近年デジカメがいくら良くなったからといって、やはり直接口腔内を見ないと分からないことが多い。デジカメデーターはまだ完全に信頼に足るデータではないと思う。
図5、図4を修正完璧とはいえないが、いくらか良くなったかな・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)